コレは知ってて!【注意】シャンプーに配合されている髪に悪い成分

育毛剤アットコスメで人気はチャップアップとブブカ

MENU

【注意】シャンプーに配合されている髪に悪い成分

シャンプーは髪の毛の汚れを落とし、健康的な状態を維持するためには欠かせません。しかしシャンプーを変えたら、痒みが増えたり、フケが増えたりするトラブルも。シャンプーによっては髪によくない成分が配合されているものもあり、そのようなシャンプーを使用すると髪を傷めたり、はげの原因になったりしてしまうのです。今回はシャンプーに配合されている悪い成分について説明していきます。

 

【シリコン系シャンプーは髪に大きなダメージを与える】

シャンプーの中にはコーティング剤としてシリコンが含まれているものがあります。このシリコンは髪にツヤやサラサラ感を与えてくれるので、髪が美しく蘇ったと錯覚しがちですが、実は髪によくないのです。シリコンは髪の表面をコーティングする働きしかありませんので、傷んでしまった髪が修復されたわけではないのです。さらにシリコン配合のシャンプーを継続使用していると髪のダメージはさらに悪化するでしょう。またシリコン配合シャンプーの洗い残しにより、痒みやフケが増える場合もあります。シリコンの表記名はジメチコン、シロキサン、シリコメチコンなど様々です。

 

【ラウレス硫酸系シャンプーには注意】

シリコンと同様、髪によくないシャンプー成分と言えばラウレス硫酸系です。ラウレス硫酸は界面活性剤の一種です。このラウレス硫酸は泡立ちがよく、洗浄力も非常に強いので、頭皮の汚れが落ちたと勘違いしてしまいます。しかしこのラウレス硫酸は洗浄力、脱脂力が強すぎるため、頭皮に必要な油分や水分も一緒に奪ってしまうのです。ラウレス硫酸配合のシャンプーを使用し続けると頭皮の肌荒れやかゆみ、フケなどを引き起こしてしまうでしょう。
育毛剤6

【安価で売られているシャンプーは要注意】

シリコンやラウレス硫酸などは合成化学物質なので天然成分に比べ安価で大量生産が可能です。そのため髪に悪い成分が配合されているシャンプーは安価に販売されているものが多い傾向にあります。特に無添加、ノンシリコン、天然などの表記があるのに安売りしているシャンプーは注意が必要です。