教えて!帽子やヘルメットでダメなの?帽子やヘルメットがダメなときと被るべきシチュエーションを紹介

育毛剤アットコスメで人気はチャップアップとブブカ

MENU

帽子やヘルメットでダメなの?帽子やヘルメットがダメなときと被るべきシチュエーションを紹介

帽子やヘルメットを被るとハゲになるという噂がありますが、これは本当なのでしょうか?今回は帽子やヘルメットを被るとNGな場合と、被るべきシチュエーションいついて説明していきましょう。ショック!!遺伝に注意 誰を見たら自分がハゲるかわかる?

 

【帽子やヘルメットを長時間かぶり続けるのは髪によくない】

帽子やヘルメットを長時間被り続けることは頭皮や髪に影響を及ぼすと言われています。帽子をずっとかぶっていると換気されないため、汗の発散を悪化させます。すると頭皮は蒸れた状態になってしまうでしょう。汗をたくさんかいた状態にしておくと、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。また蒸れた状態は最近繁殖を招く恐れがあるので注意が必要でしょう。細菌が繁殖すると、かゆみやフケ、ニキビなどを引き起こす場合も。このような状態にならないように、帽子やヘルメットは適度に脱いで換気を行うようにしましょう。換気をすれば汗を発散させることができます。

 

【帽子やヘルメットは熱や紫外線から髪を守ることができる】

帽子やヘルメットは長時間の着用は髪によくありませんが、外出後などに被る場合はむしろ薄毛予防につながります。帽子を被っていれば、太陽の熱による温度上昇を予防できます。また紫外線予防にも効果的です。肌は日焼け止めクリームなどで紫外線をブロックしていますが、頭皮などはついつい忘れがち。そのまま外出して頭皮が真っ赤に日焼けしてしまったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?頭皮が日焼けを起こしてしまうと、皮膚炎症につながり、髪の成長を阻害してしまいます。また抜け毛や皮膚トラブルも起こりやすくなってしまうのです。紫外線予防という意味でも帽子やヘルメットの着用はおすすめですよ。

 

【ヘルメットや帽子を被った後は、シャンプーをしっかりと行おう】

仕事上、ヘルメットや帽子を長時間被る人もいるでしょう。その場合には、蒸れにくくする工夫をしてみて下さい。休憩時間はこまめに帽子やヘルメットを外したり、汗をしっかりと拭いたりするとよいでしょう。またシャンプー毎日しっかりと行い、頭皮を清潔に保つことも重要ですよ。
育毛剤5