試してみて!育毛に人気の食材とダメな食べ物

育毛剤アットコスメで人気はチャップアップとブブカ

MENU

育毛に人気の食材とダメな食べ物

薄毛や抜け毛に悩む人は、育毛剤や発毛剤を使用したり、生活習慣を改善したり様々な方法で薄毛予防や育毛を試してみるでしょう。今回は生活習慣の改善の中でも効果の高い、食生活について紹介します。ここでは育毛に効果的な人気食材と、逆に食べると抜け毛がひどくなるダメな食べ物について説明していきましょう。
育毛剤12

【良質なたんぱく質や亜鉛は積極的に摂取しよう】

髪の主成分はたんぱく質です。つまり良質なたんぱく質をしっかりと摂取することで髪に栄養を十分に行き届かせることができるのです。良質なたんぱく質を多く含む食材としては、鶏肉や大豆系食品である豆腐や豆乳、納豆などです。また魚類も高たんぱく質が含まれていますのでおすすめですよ。
もう1つ積極的に摂取したいのが亜鉛です。亜鉛は育毛ミネラルとも言われるほど、高い発毛効果を持っています。亜鉛には男性ホルモンであるテストステロンを脱毛因子に変化させる5αリダクターゼという酵素の働きを抑制させる働きがあります。つまりテストステロンによる抜け毛や薄毛を阻害できるのです。亜鉛が多く含まれる食材としては牡蠣、ウナギ、レバー、もも肉があります。

 

【塩分の摂り過ぎは抜け毛につながる】

抜け毛や薄毛を助長してしまうと恐れがあるのが塩分です。ラーメンなどしょっぱい食べ物ばかり食べていると塩分過多の状態になり、抜け毛や薄毛がひどくなってしまうでしょう。塩は塩化ナトリウムであり、ナトリウムが血中で増えてしまうと、血中水分量も増加します。血液の量が増えると高血圧になり、毛細血管の血流が悪化します。すると頭皮の血行不良につながり、栄養が十分に行き届かなくなってしまうのです。

 

【冷たいものや甘いものの食べ過ぎにも要注意】

アイスやジュースなどの冷たいものやケーキなどの甘いものの食べ過ぎもハゲの原因になってしまいます。糖分をたくさん摂取すると体内は酸性に近づき生活習慣病などを引き起こしやすくなります。すると塩分と同じように血流悪化につながります。またアイスなどの冷たいものばかり食べていると、体が急激に冷えますので、この場合も血行不良が起こってしまい、髪の成長を阻害してしまうのです。