ショック!!遺伝に注意 誰を見たら自分がハゲるかわかる?

育毛剤アットコスメで人気はチャップアップとブブカ

MENU

遺伝に注意 誰を見たら自分がハゲるかわかる?

薄毛やハゲになってしまう原因は人によって様々です。原因の1つと言われているのが遺伝です。ではいったい父親と母親どちらからハゲは遺伝してしまうのでしょうか?今回は誰を見たら自分がハゲになるか分かるのか説明していきましょう。

 

【男性ホルモンジヒドロテストステロンが薄毛化を引き起こす】

健康的な生活をしているのにハゲになってしまう人がいます。これは薄毛に関与する遺伝子を持っているために起こると考えられます。薄毛化を引き起こす要因の1つに男性ホルモンであるジヒドロテストステロンがあります。このジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンであり、髪が成長する期間を短くして、休止期に移行させてしまうのです。この悪玉男性ホルモンによってヘアサイクルが短くなり、徐々に髪自体が細くなり、薄毛が目立つようになってくるでしょう。このジヒドロテストステロンの影響を受けやすいかどうかは遺伝子によって決定することがわかっています。頭皮にはジヒドロステロンに反応する受容体が存在しており、その感度は人によって異なります。そしてその感度に関しては遺伝子によって生まれながらに決まっているのです。

 

【ハゲは母方の遺伝によって決まる】

頭皮に存在するジヒドロステロンに反応する受容体の感度は遺伝子によって決まっていますが、その遺伝子は性染色体のX染色体に位置しています。このX染色体は母親から受けつがれた遺伝子になりますので、自分が薄毛になるかどうかは母方からの遺伝子によって決まるのです。つまり父親がハゲているからといって自分も絶対ハゲるとは限らないのです。逆に母親がハゲていなくても、母親の父親や兄などが薄毛の場合は、ハゲる可能性は十分にあるでしょう。

 

【遺伝しない場合もあり、生活習慣などによってハゲてしまうケースも多い】

母方側にハゲている親戚がいても、自分が100%ハゲるということはありません。もちろん遺伝されていればハゲる可能性は高まりますが、絶対に遺伝しているとは言い切れないのです。遺伝しないケースもありますよ。また遺伝子だけがハゲる原因ではありません。嗜好性や生活習慣によって、薄毛を引き起こしてしまう人は大勢います。睡眠不足や不規則な食生活、喫煙、飲酒などは薄毛に影響を及ぼします。
育毛剤8